髪の毛の若返り

うなじの魅力

男性たちが女性のアップスタイルを好む理由の一つとして、「うなじが見える」と言う事があるようなんですね。昔から男性たちは女性のうなじを魅力的に思う様なのですが、その理由は定かではありません。ただどうしても女性のうなじを色っぽい、と感じるようですね。ですからうなじが見えるスタイルが好き、つまり下北沢にある美容院アップスタイルが好きだ、と言う男性が多いようです。うなじだけではなくて首筋全体が見える事が色っぽさを感じる、という意見も有るようです。要するに首から上の露出度が高い事が女性らしさを感じさせている、と言う事になるのでしょうか。確かに昔は女性は着物を着ていましたから、女性の肌を垣間見ることができるのは、アップにした髪の毛で隠されていない首回りの肌だったのかもしれませんね。未だに女性のうなじを色っぽいと感じる、というのはちょっと古臭い感じもしますが、男性にしてみれば女性のうなじの魅力と言うのは、時代が変わっても変わらないものなのかもしれませんね。女性たちにとってはアップスタイル、というのは活動しやすいヘアスタイルの一つでもあると思うのですが、意外に男性たちがそれを色っぽい、とか女性らしい、といった視線で見ている事は気づいていない人が多いかもしれませんね。いくら低料金の美容室ならばこの時代でも成功を収めることができる、とはいっても、ただ安いだけの美容室では決して成功する事はあり得ないと思いますね。そこには以前の低料金の美容室とはちがって「安いだけではない何か」がある美容室になって来たことが成功の秘訣だと言えるでしょう。つまり「安い割には○○だ」と言う何かがあるのです。それは「技術が良い」事であったり「店内が清潔」であったり「普通の美容室に行くよりも施術時間が短くて済む」「過剰なサービスが無い」など、利用者にしてみれば「これなら普通の料金の美容室に行く必要が無い」と思わせる何かがあるわけです。おそらく最初の頃は本当にお金を節約したい一心で激安美容室に通っているのは学生位だったかもしれませんが、その技術やサービスが向上してくるにつれて、サラリーマンにも普及し、今では主婦層やOLでも「安い美容室」を求める様になってきた、と言えるでしょう。一般的な価格の美容室は、こういう低料金の美容室との競争にも巻き込まれてしまったわけです。ですが低料金の美容室とは本質的にコンセプトが違います。もしも今あるがままの店舗で激安美容室並みに料金を下げてしまっては、またたくまに経営は成り立たなくなるでしょう。戦う土俵が違う、と言っても良いかもしれません。