髪の毛の若返り

毛根に与える影響

薄毛や細毛に対してカラーリングをすると、髪の毛の回復能力が弱っているために、健康的な髪と比べるとかなりダメージを受けやすい、と言う事は理解できると思うのですが、「カラーリングをする事で薄毛の原因となる」と言う事にかんしては、なかなか理解が難しいかもしれません。またこのことについて事前に説明してくれる美容室と言うのはあまいないかもしれません。みなさん特に若い時には何の抵抗もなく当たり前のようにカラーリングをしますが、のちに自分の髪の毛がどの様な状態になってしまうか、と言う事は本当は知っておくべきですよね。カラーリングは髪の毛の色を変える事、という認識があるようですが、実は染まってしまうのは髪の毛だけではありません。頭皮にもカラーリング剤が付着し、その成分は頭皮の内部まで浸透します。毛穴の内部に浸透してしまったカラーリング剤は、髪の表面とは違って、シャンプーでは取り除くことが難しくなっています。そうなると健康な頭皮や毛穴ならば、細胞分裂を繰り返す事で髪を成長させるのですが、カラーリング剤が毛穴に浸透してしまうとその細胞分裂の回数が減少してしまいます。それが抜け毛や細毛の原因となってくるんですね。一度のカラーリングでは気が付きにくいですが、カラーリングを繰り返すたびに着々と薄毛の原因が積もってきている、と言えるでしょう。40代以降の髪の毛に対して必要なのは、もちろん美容室に行って美容師に相談しながら美容液などを使用する事も対策になるのですが、私達の生活の中で美容室に通える時間というのは、限られています。よほどのお金持ちのマダムでない限りは、そんなに頻繁に川越 美容室でケアを受ける事は金銭的にも時間的にも難しい人の方が多いはずです。そういう時には自分でも出来るホームケアもあるのだ、と言う知識を持っておくとよいと思います。たとえば、コンディショナーをする時には、それを髪の毛にしっかりと浸透させることを意識するだけでも翌日の髪の毛の手触りが随分と違ってくるものです。コンディショナーを髪に浸けたらそのまま5分程度しっかりと浸透させましょう。ひと手間かけてコンディショナーを付けた後で蒸しタオルをつかって頭を覆ったり、サランラップで巻いたりして、「蒸す」という対策をすると効果が期待できます。めんどくさそうに思うかもしれませんが、蒸している5分程度の時間には、体を洗ったり、洗顔したり、と言う時間の使い方もできるので、慣れてしまえばそんなに苦痛ではないはずです。美容室で思い切りヘアケアにお金をかけるのも良いかもしれませんが、こういう細かいホームケアを欠かさず続ける、と言う事も年齢に負けない髪の美しさを出すのに効果があるはずです。