髪の毛の若返り

カラーリングが苦痛になる

カラーリングと言う物は、繰り返し行う事で髪の毛をぼろぼろにしてしまうだけではなく、頭皮への影響もかなりのものなのです。ですから良く聞かれるのが、カラーリングをすると頭皮にしみるような感じがいして、痛みを感じる、と言う人がいるのです。だいたい10人に一人ぐらいはその様な訴えをするようで、「カラーリングは痛みを伴うから嫌だ」と思っている人もいるようです。考えても見れば、かなりきつい薬剤を髪の毛や頭皮に付けて何十分も放置するわけですから、薬剤が頭皮に染みるのは当たり前だと言えます。感想などで傷んでいる頭皮なら尚更の事です。カラーリングをすると、そういうトラブルも起こり得る、と言う事は意外とお客さんは説明されていないケースが多いのです。お客さんの「痛みを伴う」という不安を取り除くには、まずはそういう可能性も有る、と言う事をしっかりと説明する事ですし、本当にこれ以上カラーリングをする事は危険だ、と判断できる人に対しては、美容師の方から「今はカラーリングをしない方が良い状態である」と言う事を、説明するべきだと思うんですね。そして逆に頭皮の傷みを改善するメニューの方を先に薦めるぐらいのケアをお客さんに対してする方が良いのではないか、と思ってしまいます。美容室にとってその美容室が流行るか流行らないか、を左右する要因の一つはスタッフだと言えると思われます。その美容室の空間がいくらおしゃれで素敵であっても、そこにいるスタッフが冴えなかったら、せっかくの空間へのこだわりも台無しになる事があります。そしてオーナーや店長が気を付けなくてはいけないのは、そのスタッフたちの「オシャレ」というのは、単純に着ているものやヘアスタイルだけではない、と言う事です。それ以上に重要なのはスタッフの表情や発する言葉、立ち振る舞いだと思うのです。どんなに素敵な服装をしていても、その人がとても疲れた表情をしていたり、逆に笑顔がとてもわざとらしかったりすると、着ているものすら冴えないもの、感じの良くないファッションに見えてしまう事があると思うのです。たとえば美容室の店員ではないにしても、吉祥寺 美容室同じ奇抜な服装をしていても、その人の笑顔がとても自然ですてきなものであればその奇抜さも「素敵」「オシャレ」に見えると思うのですが、その人の言葉遣いや笑い方などが「いやらしい」と感じるとそのファッションすら「あり得ない」「気持ち悪い」と評される事も有りますよね。つまり着ているものや見栄え、の中にはその人の表情や立ち振る舞いも含まれている、と言う事を美容室のスタッフなら意識しておかなくてはいけな、と思われます。