髪の毛の若返り

髪の質が見た目年齢を左右する

年齢を感じさせる年代と言うのはだいたい40代ごろからだと言われています。多くの女性たちが40代近く、いわゆるアラフォーの人たちが実感してくるのは、髪の質が変わった、と言う事ではないでしょうか。具体的には、つやがなくなった、はりがない、細くなった気がする、うねりが激しくなった、と言うような内容ですね。これらは年齢によるものだから、と諦めてしまう人も多いのですが、実は様々な対策をする事で、年齢に負けない髪の毛を維持することができると言われています。実は髪の毛のつやがなかったり、ボリュームが無かったり、という症状が出てくると、一気に老け顔にみえてくる、と言われています。同じ顔立ちでも髪の毛のボリューム一つで、見た目年齢がかなり変わってくるのです。ですから少しの努力で見た目年齢が若返るのであれば、その努力は絶対にするべきだと思いませんか?少し日々のヘアケアをプラスするだけで、見た目年齢が最大7歳変わった、と言う女性もいるぐらいです。髪のパサつきぐらい人には解らないだろう、と思っているかもしれませんが、実は髪のツヤとか潤い、というものは、自分が鏡で見ているよりも、周囲の人が見ると、かなり差がある様なんですね。同じ年齢でも髪に輝きがあるだけで、かなり見た目に差がついてしまうのです。カラーリングというのは、「ちゃんとすれば大丈夫」と言うレベルのものではないようです。カラー剤を良く洗い流しておく、とか事前、事後のトリートメントを行わない、と言う事で、安全なカラーリングと言うものが存在するかのように思われています。ですが実はカラーリング剤の成分と言うのは、頭皮や髪の毛の表面だけではなく、内部にも浸透していくものらしいです。ですからからーリング剤の成分は毛穴に入り込んで毛根の部分位まで浸透します。ですから完全にカラーリングの影響を排除することができるとしたら、それは頭皮にしみこんでしまったカラーリング剤をすべて除去しなくてはいけないことなんですね。健康な髪の毛であれば、約三週間ほどカラーリング剤は頭皮の内部に留まっている、と言われています。健康な髪の毛でこのぐらいかかるわけですから、薄毛や細毛となって髪の毛の回復能力や自分の髪の毛を守る機能が落ちてしまっている場合には、カラーリング剤の除去能力もかなり落ちていると考えられます。つまりカラーリングによるダメージからの回復能力がとても弱いのです。健康な髪の毛であっても、八王子 美容室3週間も影響を受け続けている訳ですから、カラーリングと言うのは、実はそう簡単に考えるべきことではない危険性を持っているとも言えるかもしれません。